【考察】歌詞やアーティスト

【考察】歌詞やアーティスト

チャマが戻ってきたBUMPに対して、”今”私が思うこと

軽く自己紹介をすると、私は学生時代にBUMPのファンになり、ファン歴というものを測ろうとすれば10年を軽く超えるくらいになります。 正直、チャマが戻ってくることに関して「嬉しい!」「嫌だ!」の両極端になりきれていません。 この...
【考察】歌詞やアーティスト

【歌詞考察】Creepy Nuts「犬も食わない」-慣用句の皮肉とフレーズの意味を解説

『犬も食わない』はミニアルバム「よふかしのうた」に収録されている楽曲。 犬同士の喧嘩と人間の”犬も食わない”言い争いの言葉遊びが絶妙です! ただ、さまざまな慣用句やことわざを知っている前提で歌詞が進んでいくので、その言...
【考察】歌詞やアーティスト

【歌詞考察】BUMP OF CHICKEN『なないろ』‐フレーズの意味をファン歴10年が最速考察!

2021年5月スタートの朝ドラ『おかえりモネ』のタイアップ曲『なないろ』。 軽快なメロディに載せられた歌詞は、BUMPの特徴である「リスナーに寄り添う」感覚が色濃く表現されています。 『なないろ』というワードは一般的に「虹」を...
【考察】映画・アニメ・ドラマ等映像作品

【歌詞考察】ヒグチアイ『縁』‐タイアップドラマファンの私が親子間の感情を考察

曲について テレビ東京系ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」のEDである、ヒグチアイさんの『縁(ゆかり)』。 シンプルで優しいメロディに、温かく包み込むようなヒグチアイさんの歌声に聞き惚れ、毎日聴いています。 タ...
【考察】歌詞やアーティスト

【歌詞考察】Creepy Nuts『バレる!』‐過去の曲と照らし合わせて考察してみた!

新曲『バレる!』に似たCreepy Nutsの楽曲があった? 2021年一発目のCreepy Nutsの新曲『バレる!』。 『板の上の魔物』という2019年に発表された曲は、『べしゃり暮らし』という漫才を題材にしたドラマの主題...
【考察】歌詞やアーティスト

【歌詞考察】竹内まりや『純愛ラプソディ』は綺麗事なんかじゃないと大人になって思えた

「人を好きになれただけで幸せだった」 学生時代の私にとって、こんな考え方は「綺麗事」としか思えませんでした。 でも、大人になって初めて失恋したタイミングでこの『純愛ラプソディ』を聴いたとき、「あ、分かるなぁ」って思えたんで...
【考察】歌詞やアーティスト

【歌詞考察】令和だったら炎上しそうな歌詞を検証してみた!

SNSの普及で、誰もが意見し、またその意見を誰もが見ることが出来てしまう時代。10年前だったら一部の人が井戸端会議でぐちぐち言う程度の内容でも、今はなんだかんだと”炎上”してますよね。 歌詞でいえば、最近流行している「うっせえわ」の...
【考察】歌詞やアーティスト

【歌詞考察】木綿のハンカチーフ‐男と女、どっちが悪いの?

昨年亡くなった筒美京平さんが作曲を手掛けた「木綿のハンカチーフ」。歌詞は筒美さんとよくタッグを組んでいた松本隆さんが手がけました。その歌詞は解釈が様々で、具体的な描写が多いわりに聴く人によって違う情景が映るようです。 大きな...
【考察】歌詞やアーティスト

【歌詞考察】aiko「ハニーメモリー」浮気男の失恋ソングを解説

2020年秋にリリースされたaikoさんの楽曲「ハニーメモリー」。 アカペラ&3拍子が冒頭から強く印象に残ります。 「僕」の状況について考察 今回はaikoさんには珍しく1人称が「僕」の歌詞です。 aiko...
【考察】歌詞やアーティスト

【歌詞考察】aiko「青空」の歌詞の意味を解説!モラハラ?不倫?他の曲との関連も考察しました

2020年にリリースされたaikoさんの楽曲『青空』。 メロディ自体はポップで明るいようですが、歌詞を聴いてみると結構悲しい雰囲気が立ち込めています。どうやら失恋ソングのようです。 大人の恋愛だった ...
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました