機械オンチがeSIMに乗り換えてみた!【クーポンコードあり】

スポンサーリンク

【ごあいさつ】機械オンチには厳しい時代ですね…

機械オンチなりに、人に頼りつつGoogleにお世話になりつつ生きているイツカと申します。

機械オンチにとって、Googleで調べて出てくる記事は、なんだか不親切だと感じることはありませんか?

そんなあなたも大丈夫。

機械オンチな私が、スマホ販売の友人や、機械に強い同僚、また各種公式HPなど、いろんなところから集めた情報を極限まで簡単に説明します!

今回は「eSIM」についてです。

※このサイトから申し込んでくれた方に、楽天ポイント1000ptもらえるクーポンコードを紹介しています!

そもそもSIMとは?

今話題の楽天モバイルを契約しようとしたら選択肢に「eSIM」が出てきました。

そもそもSIMは何かというと、簡単に言えば電話をしたりするための、小指の爪ほどの小さくて薄い機械のことです。

普段使っているスマホは、その本体自体はパソコンのようなもので、Wifiに繋いでアプリをインストールしたりして、スマホの本体にアプリの情報が保存されていきます。

この時点では、スマホはその人専用の電話番号の情報を持っていません。

そんなスマホに魂を吹き込むのが、SIM

SIMがあることで「固有の電話番号080~~を持つ人だけのもの」になれるのです。

そう、SIMは、あなただけのスマホにするための情報が詰まった小さなコンピューターなのです。

電話回線(ドコモやauといった会社の通信網)を使って、Wifiがなくてもアプリが使えたり、電話をかけたり、SMS(メッセージ)を送受信できるようになるのです。

逆に言えば、SIMだけ交換しても、LINEやSNS、ゲームなどアプリの情報は自分で引き継ぐしかないですよね?

それは、アプリの情報はスマホ本体に保存されており、SIMには入っていないからです。

SIMまとめ

SIM:電話回線を使える=どこでも通信ができる

スマホ本体:アプリの情報が保存される

eSIMとは

では、今日の本題。

eSIMのeは、Electoricのe…ではなく、embeddedのeです。

embeddedは通信とかで使われる言葉で、「組み込まれた」というような意味合いです。

その名の通り実態がなく、スマホ本体に組み込まれた状態になるので、モノとしてのSIMが必要なくなります。

ただ今のところ、「絶対eSIMにした方がいい!」という決定的なメリットがあまりなく、普及が進んでいないようなのです。

しかし、私は機械オンチである以前に好奇心旺盛なおこちゃま。

大きなメリットがない分大きなデメリットもないはず

という謎理論を元にeSIMを申し込んだら、小さなメリットがいくつか見えてきました。

メリット

なくさない

機械オンチなだけでなく、おおざっぱな私は、手のひらより小さいものはすぐ失くす。

スマホもよく家の中で迷子になります。

eSIMはモノではないので、なくしません。

今後スマホを乗り換える時も、小さなチップであるSIMカードを取り扱う必要はないので、その安心感はあります。

来店不要

コロナウイルスの影響で、外出するのもためらわれる状況が続いています。

お店に行かずに契約できてしまうのは本当にラクでした!

eSIMの申し込み方法(楽天モバイル編)は後ほど紹介します。

ちっさいイライラする工程が不要

SIMを交換する際、なくす心配があるだけでなく、細かい作業が必要ないのもeSIMの利点です!

スマホの横にある小さな穴に、

針金のようなものを突っ込んで、

フタをあけて、

小さなSIMを取り出して…

というビミョ~にイライラする工程がいらないのはありがたい!

この点は私のなかで決め手になりました。

SIMの使い分けが可能

従来のやり方だと、SIMカードを入れる場所は1つしかないので、もちろん契約する携帯会社は1つしか選べません。

しかし、eSIMならそもそも物体がないので、データ通信は格安、電話は大手キャリア、などと分けることも可能。

通信に詳しい人は、これで安くしたり使い勝手をよくしたりするようです。

ただ、SIMフリーの契約をしなくてはならなかったり、手数料がかかったりと、まだ不便な点が多いようです。

機械オンチには難しい話なので今回は割愛。

次世代っぽくて、いい!

私がeSIMにした最大の理由、これです。

機械オンチとはいえ、最先端になれるってなんかかっこいいなと思って…(笑)

特に大きなデメリットも見当たらないので、「なんかかっこいいから」という理由でeSIMにしてしまって問題ないと思います。

デメリット

選べる機種が少ない

今のところ、新しめのiPhone(iPhone XS以降)、Google Pixel 、楽天のスマホくらいです。

ただ、eSIMが使えないと困るシーンがあまり想像つかないので、ぶっちゃけ

eSIMにしたいから対応機種から選ばないと!

とは思わなくていいと思います(笑)。

まだ普及してない段階なのでなんか怖い

これは機械オンチならではの悩みですが、周りでまだそんなにeSIMにしている人が多くないので、なんかあったら誰に聞けばいいんだ~!という不安は少々あります。

まぁそのときは落ち着いて、携帯ショップに行ってみたり、契約した通信会社に電話したりしましょう。

eSIMまとめ

「絶対にeSIMにすべき理由!」みたいな記事が書けた方がいいのでしょうが、正直、今のところそんなに大きなメリットはありません。

ただ、そんな難しい話ではないので、「最先端」に乗ってみるのもアリだとは思います!

eSIMの申し込み方(自宅で完結)

今回は、eSIMの申し込み方について、楽天モバイルのネット申し込みを例にお話します。

正直、通販を使っている人なら大した手間ではないです。

機械オンチな私でも、申し込みは迷わず一人でできちゃいました。

こんなに簡単に申し込めるのかと驚きました。

楽天モバイルさんのサイトが分かりやすいというのも大きかったです。

詳しい申し込み方法は別記事で紹介しています。

簡単に説明すると、

eSIMの申し込み方
  • スマホを選ぶ
  • MNP予約番号をゲット
  • 楽天モバイルのサイトから申し込み
    「新規/乗り換え(MNP)お申込み」
    ⇒「プランを選択する」
    ⇒「eSIM」を選択
    ⇒「この内容で申し込む」
eSIMを選択するのを忘れずに!

紹介コード(楽天ポイントがもらえる!)

さらにこの記事を読んでくれた方限定で、楽天ポイント1000ptがもらえる紹介コードを置いておきます!

1つのコードに付き、先着5名様限定だそうですので、お早めに!

紹介特典コード:SfyTj6PW57j2

このクーポンコードを入力して申し込むと、実は私にもポイントが入るのです、ふふふ。

楽天IDでログイン後、【紹介特典ご利用の方】のところにこちらのコードを入力、「適用する」をクリックすればOKです。

※最初のページの「クーポンをつかう」ではないのでご注意ください!

まとめ

eSIMは、何度も言ってしまいますが、機械オンチにとってめちゃくちゃメリットのあるものでもないです。

しかし、もしこれからiPhoneやGoogle Pixel を購入するなら、ぜひ最先端のSIMを使ってみてください!

コメント

  1. […] 機械オンチがeSIMに乗り換えてみた!【クーポンコードあり】【ごあいさつ… […]

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました