【歌詞考察】チャットモンチー「染まるよ」-女性的な失恋感情

スポンサーリンク

今回は、前回紹介した「愛捨てた」が収録されたシングルの表題曲、「染まるよ」です。

「告白」というアルバムにも収録されています。

作詞はベースの福岡晃子さんです。

女性らしさが目立つ失恋ソング

前回の「愛捨てた」と作詞者は違えど、夜のシーンが続いて最後に朝が来るという構成は同じですね。

ただ、愛捨てたが理性的、男性的であったのに対し、こちらは感覚的、女性的ではないでしょうか。

タバコを吸ったことに明確な意味もなければ夜道を「ふらりと」歩くことに特に明確な理由もなく、感覚的な描写が多いです。

「あなた」を失って、慣れていないことをしてしまう。

ちょっとヤケになって、あまり世間体の良くないことをしてしまう。

周りにいません?

失恋して音楽の趣味が変わった人、

不純異性交流が激しくなった人、

SNSによくわからない投稿をするようになった人。

それこそ煙草を吸ってみちゃう人。

(私じゃないです)(違います)

理屈でなく感覚的な心情

なんか無理しているのも分かっている。

あまりよくないことをしているのも分かってる。

「大人だから一度くらい」

なんてただの口実で、

「あなたの好きな/私より好きな 煙草」

を吸うことで元恋人を思い出し、反省し、後悔している。

それがわかるのがサビの部分です。

「いつだってそばにいたかった わかりたかった 満たしたかった」

「いつだってそばにいれたら 変われたかな ましだったかな」

きっとそばにいられなかった理由が「私」にはあったのでしょう。

でもそれは「私」側の意見でしかない。

「あなた」の気持ちを、あるいは「あなた」を「私」で満たしたかった。

けど、それはできなかった。

正論なんていらなかった

「あなたのくれた言葉 正しくて色褪せない 

でももういらない」

「あなた」はどんな言葉をくれたのでしょう。

正しくて、普遍的な、いわゆる正論でしょう。

恐らく、

「仕事が忙しくて会えないなんて、言い訳でしかない!時間なんて作ろうと思えば作れるだろう!」

「いい大人なんだから夢なんて追ってないで安定した収入を得た方がいい!」

といったニュアンスではないでしょうか。

・・・あれ、これ、「愛捨てた」の逆バージョン・・・?

とも捉えられるフレーズです。

染みるよ、染まるよ

そしてサビの最後のフレーズ

「煙が目に染みるよ 苦くて黒く染まるよ」

「煙が目に染みても 苦くても夜は明ける」

「煙が雲になって 朝焼け色に染まるよ」

煙が「目に染みる」

というのは恐らく涙を流していることの暗喩でしょう。

「苦い」「黒い」というのは現在の心情の形容ですかね。

1番のサビをとてつもなく簡単に要約すれば「辛くて泣いているよ」ということになるでしょう。

2番は「辛くて泣いている気分もいつか晴れる」、「愛捨てた」風に言えば「私はまた人を好きになるのでしょう」。

そしてラスサビは「ちょっと気分が晴れたよ」といったところでしょうか。

カタルシス効果

サビを繋げると、無意識にカタルシス効果を得ているようですね。

カタルシスとは簡単に言えば「浄化」です。

イライラしている時に激しい曲を聴くと怒り発散してすっきりする。

悲しい時に悲しい映画を観て涙を流すと気分が晴れる。

こんな経験はありませんか?

簡単に言えばそれがカタルシス効果です。

敢えて「あなたの好きな煙草」を吸うことで、悲しい気持ちや後悔の気持ちに浸り、余計悲しい気持ちになる。

自分の悲しみや別れという事実に向き合うことで、心を浄化しているように思います。

やはり、「愛捨てた」と構成は似ていますね。

作詞者が違うとはいえ同じバンドのメンバーですから、なにか示し合わせて作った、ということも考えられます。

ただ、別れた理由を示す部分が

「愛捨てた」ではAメロ、

「染まるよ」ではサビに来ています。

こんな風に、同じバンドの曲を聴き比べてみるのも楽しいですね。

曲によって作詞者の違うチャットモンチーならなおさら、です。

それでは。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました