【歌詞考察】大塚愛「プラネタリウム」‐怖い歌詞って本当?じっくり解説します

スポンサーリンク

大人気ドラマ「花より男子」のイメージソングとして人気を博した大塚愛の代表曲「プラネタリウム」。私の中では『男ウケ抜群のカラオケモテ曲』というイメージだったのですが。先日久しぶりに一人でカラオケに行き、このモテ曲を歌いながら歌詞を見ていたら気づいたんですよね。

あれ、これ人、亡くなってない?

調べたら都市伝説とかいろいろ出てきたのですが、そんな怖い話ではなく、歌詞だけから読み取れることを考察していきます。

ただの失恋ではない理由

この曲を「遠距離恋愛」と言ってる人もいるのですが、私は違うと思います。

2番で

どんなに想ったって 君はもういない

「プラネタリウム」作詞:愛

というフレーズが出てくることから、少なくとも現在進行形の関係ではなさそうです。

じゃあ失恋ソングか?未練たらたらか?と言われると、またそれも違う気がするんですよね。

泣かないよ 昔君と見たきれいな空だったから

「プラネタリウム」作詞:愛

君のところに行きたいと願いつつも、君との思い出を反芻して前向きになっているので、「未練」「憎しみ」というよりは、やむを得ない事情で離れてしまった状況が読み取れます。

さらに、相手がご健在だったら、こんなに辛そうに「泣きたい」「泣かない」なんて言わないと思うんですよね。リリース当時は携帯電話も普及していて、またいつでも連絡は取れたと思うし、「連絡する勇気がない><」という歌詞にしては思いつめすぎている気がします。

そうなると、「君」は文字通り、もう『この世に』いないのかもしれません。

幼いころの大事な人

1番の最後に「昔」という言葉が出てきています。

さらに2番の歌詞を読み取ると、幼いころ、またはだいぶ前の思い出を引っ張り出していることが分かります。

大きな自分の影を見つめて想うのでしょう

「プラネタリウム」作詞:愛

小さな手を握り締めて

「プラネタリウム」作詞:愛

この曲は全体を通して、「君」と花火や星座を見た「あの日」を思い出しているときの胸の内が描かれています。

その時に思い出すのが「小さな手」。

そして、大きくなった自分。

幼いころ、あるいは、今よりも小さかった頃の友人または恋人だったのでしょう。

二人で夜に「抜け出して」公園に行くあたりも、子ども同士の遊びという感じがします。

「亡くなった子供」というのも考えられますが、ドラマ「花より男子」のイメージソングであること、また当時大塚愛さんは結婚すらしていなかったことを加味すると、そういった歌詞を書く理由はあまりないかと思います。

「記憶をたどって」というフレーズからも、少なくとも最近の出来事ではないことは明白ですね。

それを踏まえて他の歌詞を読み解く

幼いころに死別したかもしれない、と思うと合点がいくフレーズがいくつかあるので、それらを読み解いていきます。

消えてく子供の声

1番の冒頭はまだ夕方から夜になりかけた時間帯で、「君」と見た星座はおそらく出てきておらず、花火もまだ聞こえません。

それでもあることをトリガーに「君」を思い出した。

それが、「子供の声」だったのでしょう。

花火の日、子供がはしゃいでいる声が小さくなっていき、子供だった「あの日」を思い出し始めたのが冒頭の状況だと考察しました。

あの香り/まっ暗で何も見えない

あの香りとともに 花火がぱっと開く

「プラネタリウム」作詞:愛

思い出したのは「香り」

「香水」という曲がブレイクしましたが、嗅覚はそのときの感覚まで想起させるほどに強い記憶を呼び起こす力を持っています。

そしてそのあとのサビの「まっ暗」という表現が引っかかります。星座は見えているし、花火も打ち上げられている状況では真っ暗にはなりません。

この「まっ暗」は、主人公の心理描写でしょうね。とはいえ、「失恋して未来が真っ暗」という意味でもなさそうです。さっき考察した通り、「君」との日々は遠い昔のことなので、失恋してお先真っ暗とは解釈しがたいですよね。

おそらく、昔のことすぎて「君」の見た目や声を忘れかけてしまっているのではないでしょうか。でも、そのときの「香り」は覚えていて、そこから「君」を思い出している、という描写なのかもしれません。

そのあと出てくる「怖くても」の「怖さ」というのは、大切だったはずの人の記憶をどんどん忘れていってしまう怖さなのかもしれませんね。

そして「大丈夫」は、それでも「あの日」と同じ時期には同じ星座が空に輝いているから、完全に忘れてしまうことなんてない、という「大丈夫」でしょう。

この公園/あの星座

「こそあど言葉」が妙に多くて、リリース当時小学生だった私は違和感を抱いていました。

「この公園」

「あの星座」

「あの香り」

「ここにある」

「この空に」

冒頭で、二人で抜け出して星座や花火を見に行ったことから、この思い出は二人だけの思い出なのかもしれません。だから、具体的なことはあえて描写していないのかもしれませんね。「この」「あの」とだけいえば「君」は覚えていてくれているはずだ、だから私は大丈夫、という前向きな気持ちも感じられます。

「プラネタリウム」の切ない意味

で、さんざん星座や花火の話題が出てきて、タイトルは「プラネタリウム」。

プラネタリウムなんてどこにも出てこなかったじゃない!!

このタイトルには、切ない意味が2つ隠されているのではないかと考察しました。

①再現した景色でしかない

「あの日」見た星座が空に浮かんでいようが、香りを思い出そうが、結局は君が横にいない時点で単なる「思い出」でしかないんですよね。

今見ている景色は、プラネタリウムのように再現した景色でしかない、という心情が込められていると解釈しました。

②「君」はもういない

いつまでも覚えているけど、結局は記憶の中の「君」にしか会えない。

再現された景色のなかで、思い出の「香り」のなかで、「君」という存在自体が、プラネタリウムのように再現されたものでしか存在しえないということだと解釈しました。

いずれにしても、とてつもなく切ない…。

というわけで、何年も前の曲ですが、歌詞を改めて見てみるとものすごく切ない歌詞であることが分かりました。

君のところへ会いに行きたいよ~という可愛らしいサビのせいか、大塚愛さんの声の後押しもあってか、私の中で「カラオケ最強のモテ曲」だったのですが、なんかそんな軽々しく歌っていいのかな…なんて思ってしまいました。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました